福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 勝山左義長 │ かつやまさぎちょう │


勝山左義長

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 立川区、上郡区、上袋田区、
下袋田区、富田区、上長渕区、
下長渕区、芳野区、沢区、
下後区、中後区、上後区、
元町2丁目(合計13区)
所在地 勝山市街地(旧勝山町域)
指定年月日 平成20. 2.22
 

  勝山左義長は、県内の左義長の中では最大規模の華やかな祭で、2月の最終土・日曜日に行われている。
  江戸時代から続くこの祭は、旧勝山町域の13区で行われている。入母屋造り2階建ての左義長櫓の上で、浮き太鼓や三味線、篠笛、鉦に合わせて「蝶よ花よ・・」と囃される左義長囃子はつとに知られている。
  特に浮き太鼓は、地のリズムの打ち手と、身振り手振りよろしく浮かれて太鼓を打つもので、また、太鼓の革面に子供を座らせたり、棒で革面を押えるなど、音の響きを抑えているのも特徴である。
  このほか、時代や世相を風刺した川柳を貼りこんだ「絵行灯」、身近な品物で干支などを作った「作り物」、綿をつめた布張りの飾り物「押し絵」などで、街路が飾り付けられる。
  最後には、各町のご神体(松飾り)を燃やすドンド焼が川原で行われ、祭はクライマックスを迎える。
 
大きな地図で見る