福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 国津神社の神事 │ くにつじんじゃのしんじ │


国津神社の神事
指定
種別 無形民俗文化財
管理者 国津神社神事保存会
所在地 三方上中郡若狭町向笠
指定年月日 昭和31. 3.12
 

  毎年4月3日に国津神社で行われる祭りで、600年の歴史を持ち、中世の祭礼の様子を伝えている。村を4組に分け、それぞれ「講」を組織して神輿、流鏑馬(現在は行なわれていない)、田植の舞、田楽を分担して行う。
  3月31日に各組の頭屋12名が浜で体を清め、祭の日まで各種の御幣づくり、供物の餅つき、輿飾りなどの準備を行う。
  祭当日には、各組全員が烏帽子・直垂姿で、露払、警護、一の天神、一の老司、大御幣、御護供係、酒タタキ、囃し太鼓、ササラ講員お供、オハケ、一般の人と続き行列する。
  行列の先には、鉾持ち、王の舞、獅子がついている。
  馬場という場所で4組が揃い、神社に着き、それぞれの舞を奉納する。
 
大きな地図で見る