福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 闇見神社例祭神事 │ くらみじんじゃれいさいしんじ │


闇見神社例祭神事
指定
種別 無形民俗文化財
管理者 闇見神社例祭神事保存会
所在地 三方上中郡若狭町成願寺
指定年月日 昭和37. 5.15
 

 闇見神社例祭神事は若狭町成願寺の闇見神社の春祭りで、毎年4月5日に行われる。年ごとに氏子である倉見、白屋、成願寺、上野、岩屋などの各区が交替で神事を担当する。
 例祭当日は当屋(組頭)を出発した行列が神社の参道に到着すると、「当渡しの儀」(当屋交代の儀式)を行い、王の舞、獅子舞、大御幣搗きが行われる。
 大御幣搗きでは、長さ6尺の松の生木でできた大御幣を地面に強く打ちつけながら社殿に向かう。その後に神輿の渡御があり、神輿の前で王の舞と獅子舞が奉納される。
 
大きな地図で見る