福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 大島半島のニソの杜の習俗 │ おおしまはんとうのにそのもりのしゅうぞく │


粟田部の蓬莱祀

選択
種別 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
管理者
所在地 おおい町大島
選択年月日 平成22.3.11


 
  おおい町の大島地区には、ニソの杜と呼ばれる聖地があり、特色ある祭祀が伝承されている。ニソの杜はニンソーとかモリさんとも呼ばれ、大島地区の開発にあたった24家の先祖を祀っていると伝えられる。
 祭祀は11月22日または23日に、家ごとにあるいは複数の家が集団で行う。ニソ田と呼ばれる耕地を持つニソの杜もあり、この耕地からの収穫で祭祀料をまかない、かつては祭祀が終了すると当番の家に集まってニソ講を行っていた。
 ニソの杜は祭日以外は近寄ってはならないとか、1人でお参りしてはならない場所とされ、生えている木を伐ることも禁忌とされてきた。近年では生業や社会構造の変化によって32か所の杜の内、10か所前後で祭祀が行われるのみとなっている。
 
より大きな地図で 大島半島 を表示