福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 精霊船送り │ しょうらいぶねおくり │


精霊船送り

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 菅浜青年会
所在地 三方郡美浜町菅浜
指定年月日 昭和61. 3.28
 

  美浜町菅浜で、盆行事として8月15日に行われる。精霊船は、13日から青年会が作る。各戸に1把ずつ割り当てて集められた乾燥したカヤの間に麦藁を挟み、藁縄やロープで棒状に縛り、孟宗竹の杭を挿して組合せ長さ約8m、幅約3mの船体を作る。船の中央には青竹の帆柱を立て、三畳ほどの精来丸と墨書した帆を掲げる。
  女子が作った色紙細工や施餓鬼幡、花輪、番傘、提灯で飾り付けを行い、各家の盆の供物を積込み、船は完成する。
  15日夕方、砂浜からの船出を迎える。船には、ウリナイと呼ばれる新仏のあった家人が乗込み、沖合まで見送りすることとなっている。
  船は、念仏講中による浜念仏が唱えられる中、入江を3回まわって沖合に出て、落日間際の海上で帆を揚げ、提灯に火をつけて流される。
  戦前までは、予祝儀礼としての意味も持ち、南と北の二手に分かれて船を作り、船出してその速さを競い、勝敗により漁業の豊凶を占ったという。
 
大きな地図で見る