福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 花山行事 │ はなやまぎょうじ │



指定
種別 無形民俗文化財
管理者 栃泉町
所在地 福井市栃泉町
指定年月日 昭和37. 5.15
 

  毎年5月5日、区内の男児がそれぞれ花山を持ち、登知為(とちい)神社から村内を一周する行事で、乳幼児も親に抱かれて参加する。
  花山とは、青竹を槍になぞらえ、上方に藁を巻き、季節の花をさし飾ったものである。
  先頭、中央、後尾は役男といい、年齢順に選ばれる。役男は、花の編笠をかぶり、腰に刀を差し、右手に指揮棒を持つ。役男の「花山権現」の音頭に合わせて一同も「花山権現」と唱和して、行列を進める。
  境内で行事が終わると、持ち物を壊し、紐や笠を社前の杉の枝に投げ上げて引っ掛ける。
  役男になると青年扱いとなり、翌年から行事に参加しない。
 
大きな地図で見る