福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 上野の盆踊り │ うえののぼんおどり │



指定
種別 無形民俗文化財
管理者 上野盆踊り保存会
所在地 南越前町上野
指定年月日 平成23. 3.25


 
  南越前町上野の栄泉寺境内において、毎年8月15日に催される盆踊りで、言い伝えでは、江戸初期に門間(かどま)用水〔上野用水〕が開削され、その完成を祝って始められたと伝えられる。
 踊りは「どどら踊り」から始まり、「はねそ踊り」を中心にしながら、最後「千本搗き」で終わるという、一連の流れが守られており、音頭は太鼓などの楽器伴奏が入らず、音頭取りの地唄と踊り手のかえし(合いの手)だけで構成される。盆踊りの特徴の1つに踊り手の仮装があり、流行や世情を受けて変化する風流性が見られる。また、踊りの輪を整える場内整理役として「ミノムシ」と呼ばれる役が登場するが、悪さをするものを制したり、風紀の乱れを正す役目をもっており、他の盆踊りではみられない独特の仮装となっている。
 現在、盆踊りは老若男女で構成される「盆若衆」によって運営されており、子どもへの踊り指導など保存継承にも力を入れている。県内では新民謡の盆踊りが流行し、昔ながらの素朴な盆踊りが消えつつある中、伝統的な盆踊りの形態をよく残し、かつ活気あふれる盆踊りらしさも継承している。
 
より大きな地図で 栄泉寺 を表示