福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 水海の田楽・能舞 │ みずうみのでんがくのうまい │



指定
種別 重要無形民俗文化財
管理者 水海の田楽能舞保存会
(鵜甘神社氏子会)
所在地 今立郡池田町水海
指定年月日 昭和51. 5. 4
 

  池田町水海の鵜甘神社で毎年2月15日に奉納される。
  奉納に先立ち、2月3日に舞人、囃し方、神事の役等が割振られ、以後10日間は厳しい練習が重ねられる。特に重要な「祝詞」、「翁」、「高砂」を舞う3人は、13日から「別火」の生活に入る。
  別火とは、各自が定まった火器、什器を使用し人手を一切借りないで精進潔斎することである。
  14日には場馴らしと呼ぶ練習の仕上げを行う。
  奉納日には、夜明けに「朝戸開き」の神事が行われ、面や諸道具が拝殿の舞台に並べられる。別火に入っていた3人の舞人は水海川で身を清め、午後1時より田楽能舞が始められる。
  「からすとび」、「祝詞」、「あまんじゃごこ」、「あま」の田楽に続き、「式三番」、「高砂」、「田村」、「呉服」、「羅生門」の能舞が演じられる。
  鎌倉幕府の執権北条時頼が、村人に能舞を教えたのが始まりとの伝説がある。
 
大きな地図で見る