福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 椎村神社の祭り │ しいむらじんじゃのまつり │


椎村神社の祭り

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 小浜市若狭区
所在地 小浜市若狭
指定年月日 平成16. 4.20
 

  椎村神社の祭りは小浜市若狭区の椎村神社で5月4日~6日に行われる祭りである。祭りは、5月4日の宵祭り、5月5日の本祭り、5月6日の行事に大別される。宵祭りには、幟立て、オタビトリ(御旅所に敷く盛砂の用意)、粽巻き、シンジゴト(神事ごと。ナガトコにおける酒盛を伴う祭りの事前打ち合わせ)などがある。本祭りには居住地区から離れた神社から通称オフダバ(お札場)のお旅所へ神輿の渡御がある。
  宵祭りに1回、本祭りに4回、獅子舞と天狗舞とがある。獅子舞は二人立ち。天狗舞は王の舞とも呼ばれ、天狗面を被ったツキヤクが御幣の垂れをつけた鉾を手にしてトブ(演ずる)。災厄(人身御供)を避け、作物を荒らすシシ退治を模したものだと伝えている。
  この祭りには、『若狭郡縣志』や、『稚狭考』、大神輿小神輿の底板の墨書などの記録があり、古くは旧暦5月5日あるいは4月末の申の日に行われていたことがわかっている。
  この祭りは、地区内の各年齢層の参加により維持されていること、ケガレ(穢)を強く避け、伝統を厳守しようとしてきたこと、祭り行事の古態を今に伝えていることなどの特徴をもつ。
 
大きな地図で見る