福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 手杵祭 │ てぎねまつり │


手杵祭
指定
種別 無形民俗文化財
管理者 矢代区
所在地 小浜市矢代
指定年月日 昭和43. 3.29
 

  4月3日に矢代観音で行われる祭りで、現在、定期的には開催されていない。
  祭りの由来は次のように伝えられる。天平宝字3年(759)に矢代の海岸に唐船が漂着し、浦人は、初めは乗船していた高貴な女性6人と船頭2人に食料などを与えて面倒を見たが、やがて積荷の財宝に目がくらみ、全員を殺害し財宝を奪ってしまった。この事件の後、悪病が流行し、不祥事も耐えなかったので、天罰を恐れて本堂を建て、姫の奉じていた観音像を安置し、罪を懺悔し霊を供養するため、当時の模様を再現する手杵祭を始めたという。
  祭は、正月から精進潔斎を重ねてきた大禰宜の総宰のもと、区の娘が姫君役となり、若者が手杵棒振り、弓矢持ちとなってこれを襲う所作をする。若者は頭にシダの葉をかぶり、顔には墨を塗った異様な扮装をする。
 
 
大きな地図で見る