福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 安倍愛季像・秋田実季像 │ あべちかすえぞう・あきたさねすえぞう │


安倍愛季像・秋田実季像

写真一覧へ

指定
種別 有形文化財 / 歴史資料
員数 2躯
時代 江戸時代
管理者 羽賀寺
所在地 小浜市
指定年月日 平成 6. 5.20
指定番号 福井県指定第283号
 

  安倍氏(のち秋田氏)は津軽の十三湊を拠点として勢力を振るった豪族である。安倍康季は羽賀寺が永享7年(1435)の火災で焼失した際に、後花園天皇の勅命を受けて再建に着手し、次代の義季に至り完成した。その後も実季は本堂改修費をはじめ、数多くの宝物を寄進している。木造安倍愛季像と秋田実季像は愛季像に記された銘文によると、承応2年(1653)に実季によって造立されたこという。桧材で、衣冠束帯の姿であらわされている。