福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 板碑 │ いたび │


指定
種別 有形文化財 / 歴史資料
員数 1基
時代 鎌倉時代
管理者 井向区
所在地 坂井市
指定年月日 平成 2. 5. 8
指定番号 福井県指定第270号
 

  板碑は中世仏教で用いられた供養塔で、板状に加工した石材に、梵字や被供養者名、供養年月日、供養内容を刻んだものである。
  白山神社の板碑は、板状の凝灰岩を用いて山形につくられ、2条の線で上下に区画されている。上部には蓮華座上の月輪内に、阿弥陀三尊の種子が刻まれている。下部中央には文永11年(1274)甲戌卯月八日の紀年銘があり、その右に「観無量寿経」が、左に「選擇本願念仏集」の文言が刻まれている。寸法は高さ170cm、幅(底部)68cm、厚さ18cm。