福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 紙本墨書 後円融院宸翰 │ しほんぼくしょ ごえんゆういんしんかん │


指定
種別 重要文化財
書跡・典籍・古文書
員数 1幅
時代 南北朝時代
管理者 永平寺
所在地 永平寺町
指定年月日 明治33. 4. 7
指定番号 書336号
 

  宸翰とは天皇の直筆文書のことである。
  本宸翰は永平寺の山門に掲げられている額の額字にもなっており、応安5年(1372)に後円融天皇から下賜されたものと伝えられている。縦104.1cm、横24.8cm。