福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

  

 紙本墨書 高祖嗣書 │ しほんぼくしょ こうそししょ │


指定
種別 重要文化財
書跡・典籍・古文書
員数 1幅
時代 南宋時代 1227年
管理者 永平寺
所在地 永平寺町
指定年月日 明治33. 4. 7
指定番号 書336号
 

  嗣書とは師匠が弟子へ正しい仏法を伝えた証として授ける法脈図のことで、本書は道元禅師が宋で師事した如浄禅師から伝授されたものである。
  上部には釈迦を中心に、摩訶迦葉から阿難以下、50人の仏弟子の名の最後に「新道元」と記されており、道元禅師が釈迦の仏弟子であることを示したものである。その下には如浄禅師による署名がある。縦170.0cm。横45.0cm。