福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 結城宗広自筆書状 │ ゆうきむねひろじひつしょじょう │




指定
種別 重要文化財
書跡・典籍・古文書
員数 1通
時代 鎌倉時代 正中元年(1324)
管理者 藤島神社
所在地 福井市
指定年月日 大正 3. 4.17
指定番号 書334号
 

  結城宗広は、下総国(千葉県)結城氏の一族で、陸奥の白河庄南部地方(福島県)を領していた。 元弘の乱(1331)の時は幕府軍に属していたが、護良(もりよし/もりなが)親王の令旨に従い、鎌倉で挙兵し、新田義貞とともに鎌倉幕府を倒した。
  この手紙は、正中元年(1324)、正中の変の知らせを受けた宗広が、義貞に書き送ったもので、宗広の自筆として珍しい遺品である。縦32cm、横68cm。