福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 尊号真像銘文(親鸞筆) │ そんごうしんぞうめいもん(しんらんひつ) │


尊号真像銘文
指定
種別 重要文化財
書跡・典籍・古文書
員数 1巻
時代 鎌倉時代 1255年
管理者 法雲寺
所在地 福井市
指定年月日 昭和41. 6.11
指定番号 書1255号



 
  尊号真像銘文とは、親鸞が、本尊とする名号や経論の要文を集めて、その大意を記したものである。略本と広本があるが、法雲寺本は略本の原本である。
  奥書により、建長7年(1255)、親鸞が83歳の際に記したものであることが分かる。かつては高田専修寺に蔵されていた。袋綴装、縦27.5cm、横20cm。