福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 奥の細道 附 細道伝来記 │ おくのほそみち つけたり ほそみちでんらいき │




指定
種別 重要文化財
書跡・典籍・古文書
員数 1冊
時代 江戸時代 1694年
管理者 個人
所在地 敦賀市
指定年月日 昭和47. 5.30
指定番号 書2255号
 

  奥の細道は松尾芭蕉の代表的な作品である。本書は元禄7年(1694)に芭蕉の弟子の柏木素竜が清書し、芭蕉が所持していたといわれるもので、表紙の外題は芭蕉の自筆と考えられている。本文の末尾には元禄7年の奥書がある。寸法は縦16.5cm、横14.0cm。附指定の細道伝来紀は本書の伝来の次第を記したものである。寸法は縦16.6cm、横15.7cm。