福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 千束一里塚 │ せんぞくいちりづか │


千束一里塚

指定
種別 史跡
管理者 あわら市
所在地 あわら市花乃杜3丁目
指定年月日 平成 2. 5. 8


 
  旧金津町北部の加越台地にある一里塚である。
  一里塚は、2代将軍徳川秀忠によって慶長9年(1604)江戸日本橋を起点として全国の主要街道に1里(4km)ごとに設置させたものである。越前国でもこれをうけて、福井藩主結城秀康が旧北陸街道を整備している。
  千束一里塚は、元来東西両脇に塚があったが、昭和24年(1949)に壊されてしまい、西側の塚しか現存していない。西塚は、広さ約80㎡程で、盛土の上に榎が樹立している。保存状態は良く、往時の面影を残している。
 
大きな地図で見る