福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 神明ヶ谷の須恵器窯跡 │ しんめいがたにのすえきかまあと │


神明ヶ谷の須恵器窯跡

指定
種別 史跡
管理者 越前町
所在地 丹生郡越前町小曽原
指定年月日 昭和41. 4.26
 

  小曽原区西清水谷にある北に開いた谷に西斜面中腹に位置する窯跡である。
  昭和40年(1965)発掘調査が実施され、全長9.3mで燃焼室の長さおよび幅は1m前後を測る須恵器窯である。また、焼成室は、幅1.2mを呈し半地上式の形態をとる。煙道部は消滅しており、認められなかった。
  外部施設として幅・深さ約50㎝の排水溝が検出されている。出土遺物は、椀・皿・鉢・壺・長頸瓶などが確認されている。
 
大きな地図で見る