福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 松岡古墳群 │ まつおかこふんぐん │
 手繰ヶ城山古墳  鳥越山古墳  石舟山古墳  二本松山古墳


松岡古墳群

写真一覧へ


指定
種別 史跡
管理者 永平寺町
所在地 吉田郡永平寺町
指定年月日 昭和52.12. 5


 
 九頭竜川の南側、福井平野の東端に位置する尾根上に分布する古墳群である。前方後円墳4基と陪塚3基からなる。
 手繰ヶ城山古墳は、松岡古墳群中最大規模を誇る前方後円墳で、全長約129mの規模を測る。墳丘は2段築で埴輪・葺石を有する。古墳東側に陪塚を配し、4世紀中葉頃に築造されたものと考えられる。
 鳥越山古墳は、全長53.7mを測る前方後円墳で、段築のない地山削り出しである。後円部頂およびくびれ部より埴輪が出土している。埋葬施設は舟形石棺直葬墓と竪穴系横口式石室の2基が検出されている。なお、後円部墳頂部より、石釧・砥石・馬具・鉄製品・土器などが出土している。築造年代は5世紀中葉頃と考えられる。
 石舟山古墳は、全長79.1mを測る前方後円墳で、古墳南西側に陪塚を有する。墳丘は2段築成で埴輪が巡らされている。築造年代は5世紀中葉頃と考えられる。二本松山古墳は、全長89mを測る前方後円墳で、前方部の東側に陪塚を有する。明治13年(1880)と同39年に発掘調査が実施されており、舟形石棺とその副葬品として銅鏡・冠・管玉・鉄剣・鉄刀・刀装具などが出土している。二段築成で外部施設として埴輪を持つ。築造年代は5世紀後葉頃と考えられる。
 以上の古墳群は、九頭竜川の水利権を押え流域各地区の首長の上に立った「越の国の王」ともいうべき大首長の墓と考えられる。
 
大きな地図で 見る