福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 北堀貝塚 │ きたぼりかいづか │


北堀貝塚

指定
種別 史跡
管理者 福井市
所在地 福井市北堀
指定年月日 昭和28. 3.19
 

  福井市北堀町の南側に流れる未更毛(みさらげ)川が日野川と合流する地点を中心に存在する貝塚である。大正2年(1913)水門をつくる際に発見され、上田三平によって紹介されている。当時、日本海側での貝塚の存在が数少なかったことから貝塚遺跡として著名になった。ニホンシジミの貝殻、獣骨、石斧類のほか縄文時代早期末から前期前半期の縄文土器が出土し、県内では鳥浜貝塚についで古い貝塚と考えられる。なお、当時の海水面は現在よりも1~2m位高かったと想定される。  
大きな地図で 見る