福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 椚古墳(石室) │ くぬぎこふん(せきしつ) │


椚古墳(石室)

指定
種別 史跡
管理者 八幡神社
所在地 あわら市椚
指定年月日 昭和48. 5. 1
 

  古墳は、八幡神社境内の東側に位置し、径約18m、高さ約3mの規模を有する円墳である。埋葬施設は、全長5.4mの横穴式石室で、南西方向に開口している。玄室は、奥行3.17m、幅1.46m、高さ1.83mを測る。羨道部はすでに破壊されているが玄室との区別は明瞭に確認できる。天井石と奥壁はいずれも一枚の凝灰岩製の石材を使用して組まれている。副葬品などの出土遺物は不明であるが、石室の形態から古墳の築造年代は概ね7世紀代と考えられる。  
大きな地図で 見る