福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 洲崎の高燈籠 │ すざきのたかとうろう │


洲崎の高燈籠

指定
種別 史跡
管理者 (株)観光ホテル
所在地 敦賀市川崎町
指定年月日 平成 4. 5. 1
 

  旧笙ノ川河口左岸にある、観光ホテルの前方、東北隅に所在する。船道頭を勤めた庄山清兵衛が、享和2年(1802)に建てたものである。
  規模は、底辺2.3m四方、高さ7.46m(基壇を含む)を測り、石材は花崗岩を使用する。一部欠落した部分や目地は、近代になってコンクリートで補修されている。最上部の笠石は、燈籠の中台に相当し、その上に火袋(横61cm、高さ61cm)、2重の笠、複葉8弁の請花、宝珠を載せている。
  なお、高燈籠の建造由来や維持管理等に関する文書も現存している。
 
大きな地図で見る