福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 土御門家墓所 │ つちみかどけぼしょ │


土御門家墓所

指定
種別 史跡
管理者 納田終史跡会
所在地 大飯郡おおい町名田庄納田終
指定年月日 昭和32. 7.30
 

 応仁の乱の戦火を避けて京都より移住した陰陽道宗家安倍家3代(安倍有宣・永正11年(1514)没、安倍有春・永禄12年(1569)没、安倍有修・天正5年(1577)没)の墓所である。墓所は谷間にあって、2基の五輪塔とその中間に自然石の墓標が建てられている。
 安倍家は天文道を主として暦を編纂する家である。また、土御門家とはその称号である。左大臣安倍倉梯麻呂を祖とし、平安時代の天文博士安倍晴明以降は代々天文陰陽を家職とした。
 慶長5年(1600)まで、安倍家は名田庄で暦作りに携わったが、その年、京都倉橋家に居を移している。
 
大きな地図で見る