福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 若狭国分寺跡 │ わかさこくぶんじあと │


若狭国分寺跡

指定
種別 史跡
管理者 小浜市
所在地 小浜市国分
指定年月日 昭和51.12.23

 
  昭和47年(1972)から3年にわたり発掘調査が実施され、その規模等がほぼ明らかになっている。
 寺域は一辺約230m四方にわたり、伽羅配置は南大門・中門・金堂・講堂と軸線上に配し、その東に塔を置くという形態をとる。南大門と中門については、後世の破壊が著しい。金堂は現国分寺釈迦堂の真下になっており、平面規模は桁行五間(21.6m)、梁行四間(15m)である。講堂は、堀立柱の建物であったらしいが、全容は不明である。塔の初層辺長は8.1m、塔頂にあったと思われる水煙の一部が出土している。
 本国分寺の特徴として、各建物の規模が全国の国分寺に比べやや小さいことや、寺域内に巨大な円墳(径約50m)が遺存していることが挙げられる。また、発掘調査の結果、遺構等からは瓦の出土が認められないことから、瓦葺ではなかった可能性が高い。
 
大きな地図で見る