福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 小浜城跡 │ おばまじょうあと │


小浜城跡

指定
種別 史跡
管理者 小浜神社
所在地 小浜市城内
指定年月日 昭和31. 3.12


 
 慶長6年(1601)、京極高次がそれまでの後瀬山城を廃し、北川・南川の合流する雲浜の地に起工した城である。高次の子忠高も築城を進めていたが、幕府の課役などによって築城はあまり進展しなかった。忠高が寛永11年(1634)出雲へ転封の後、酒井忠勝が入国し、小浜城主なり、引き続き築城に取り掛かった。同13年、三層三重の天守閣ができ、同19年の外郭部を最後に完成した。以後、酒井家累代の居城となった。
 城は、本丸を中心に四方を櫓で連結し南西隅に天守を配し、西に二の丸、東に三の丸、北の丸、西の丸を置き、周囲各所に42の櫓があった。明治4年(1871)、廃藩置県に際して城内に小浜県庁が置かれが、まもなく二の丸櫓から出火し、大部分が焼失した。現在は、城郭の石垣と一部天主の礎石等がみられるのみである。
 
大きな地図で見る