福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 小浜藩台場跡 松ケ瀬台場跡 鋸崎台場跡 
 │ おばまはんだいばあと まつがせだいばあと のこぎりざきだいばあと │


小浜藩台場跡 松ケ瀬台場跡 鋸崎台場跡

指定
種別 史跡
管理者 おおい町
所在地 大飯郡おおい町大島
指定年月日 平成13. 1.29
 

  江戸時代終わり頃、若狭湾沿岸一帯で築造された砲台跡は約30箇所で確認されている。そのうち小浜藩が設置した現状でも遺存状態が良好な松ヶ瀬台場跡と鋸崎台場跡が史跡指定になっている。松ヶ瀬台場跡は、大島半島東端に位置し、和一文字形を成す1号台場と半円形の西洋式を成す2号台場から構成されている。特に、2号台場跡は5基の砲座と火薬庫と考えられる焼紅弾室跡が確認されている。鋸崎台場跡は大島半島北端に位置し、コの字形に並ぶ土塁と土塁に挟まれた5基の砲眼で構築されている1番台場を中心に、正方形の単独砲座台場2基(3番台場・無番台場)、焼紅弾室から成る和洋式台場跡である。両台場は幕末の小浜藩の海防政策による、台場築造の状況を把握する上で貴重なものである。  
大きな地図で 見る