福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 越前大野城跡 │ えちぜんおおのじょうあと │



指定
種別 史跡
管理者 大野市
所在地 大野市城町
指定年月日 昭和32. 7.30
 

  大野盆地の西側にある亀山丘陵上に本丸を置く平山城である。天正3年(1575)織田信長の家臣金森長近が山頂部に天守等を、丘陵東麓には二の丸・三の丸等を含む城下町を建設した。
  大野城主は金森氏の後、青木一矩、織田秀雄等めまぐるしく替わっているが、天和2年(1682)土井利房が城主となり、以後土井家が明治維新まで続いた。
  天守を含む本丸の諸建物については、安永4年(1775)に焼失し、その後は再建されなかった。なお、現在の天守および天狗書院は、昭和43年(1968)鉄筋コンクリート造りで復元されたものである。本丸の石垣は、野面積みの形態をもつ。
    
大きな地図で見る