福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 兜山古墳 │ かぶとやまこふん │


兜山古墳

指定
種別 史跡
管理者 鯖江市
所在地 鯖江市神明町
指定年月日 昭和52. 8.10
 

  鯖江台地北部のゆるやかな東側斜面に位置する、2段築成の大型円墳である。墳頂上には、八幡神社の社殿が建ち、墳丘全体が神社地となっている。墳丘の規模は直径約60m、高さ約7m、幅約17mの周濠を持ち、県内では最大規模の円墳である。埴輪や葺石は認められない。また、埋葬施設は未調査のために不明である。古墳の築造年代は5世紀代と考えられる。  
大きな地図で見る