福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 新田義貞公墓所 │ にったよしさだこうぼしょ │


新田義貞公墓所

指定
種別 史跡
管理者 称念寺
所在地 坂井市丸岡町長崎
指定年月日 昭和34. 9. 1
 

 墓所は時宗称念寺の境内地に所在し、石柵で囲われている。墓地には、天保8年(1837)新田義貞公500回忌に際して福井藩十代藩主松平宗矩が建立した五輪石塔が備わっている。
 新田義貞は、延元3年(北朝:建武5年(1338))藤島庄燈明寺畷(なわて)で戦死したが、敵の足利(斯波)高経は、遺体を輿に乗せ、時衆(時宗の僧)をつきそわせて、葬礼のため往生院へ送るようとりはからったと伝えられている。往生院は長崎にあったとされ、現在の称念寺がこれにあたると考えられる。
 なお、新田義貞が戦死したとされる場所(福井市新田塚町)は、史跡「燈明寺畷新田義貞戦没伝説地」として指定されている。
    
大きな地図で見る