福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 十善の森古墳 │ じゅうぜんのもりこふん │


十善の森古墳

指定
種別 史跡
管理者 天徳寺区
所在地 三方上中郡若狭町天徳寺
指定年月日 昭和53.10.11
 

  JR上中駅から西へ約700m、小浜線の南側に立地し、天徳寺古墳群に属する前方後円墳である。墳丘の規模は、主軸長約68m、後円部径約46m、同高さ約9.6m、前方部幅約50m、同高さ約9mを測る。外部設備として、3段の段築をもち埴輪・葺石・周濠を備える。埋葬施設は、前方部と後円部にそれぞれ横穴式石室を持つ。後円部の石室は、全長6.45mを測る片袖式で「北部九州型横穴式石室」の特徴を持ち合わせる。出土遺物は、中国製方格規矩神獣鏡・装身具類・玉類・馬具類など多彩な内容である。遺物の一部は、県有形文化財(考古資料)として指定されている。  
大きな地図で見る