福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 金ヶ崎城跡 │ かねがさきじょうあと │


金ヶ崎城跡

指定
種別 史跡
管理者 敦賀市
所在地 敦賀市泉
指定年月日 昭和 9. 3.13
 

  敦賀市北東部に位置する山城で、天筒山から北西に延びる尾根上にある。金ケ崎城が歴史的舞台になったのは、いわゆる南北朝期の金ケ崎城合戦である。延元元年(=北朝:建武3年(1336))10月、後醍醐天皇は足利尊氏方と講和したため、新田義貞は皇太子恒良(つねよし/つねなが)、皇子尊良(たかよし/たかなが)両親王を奉じて金ヶ崎城に入り、足利軍を迎え奮戦した。しかし、戦況が不利になり、義貞は金ケ崎城を脱出して杣山城へ赴いた。翌年三月には足利軍の攻撃の前に金ヶ崎城は落城し、恒良親王は捕らえられ、尊良親王、新田義顕(義貞の長男)等は自害したのである。また、戦国期においては、織田信長軍と朝倉・浅井軍が戦った城でもある。城の主要部は現在金ヶ崎宮の境内に属し、その背面の高いところには城戸や堀、月見御殿跡などがある。  
大きな地図で見る