福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 清原宜賢卿墓所 │ きよはらのぶかたきょうぼしょ │


清原宜賢卿墓所

指定
種別 史跡
管理者 禅林寺
所在地 福井市徳尾町
指定年月日 昭和32. 7.30
 

  清原宣賢は、吉田神道家の吉田兼倶の3男として文明7年(1475)に京都で生まれ、明経博士清原宗賢の猶子(ゆうし)となって、日本書紀、職原抄等の国書や論語、大学の儒書などを講じ、家業を継いだ。宣賢は、天文10年(1541)から同16年まで越前の朝倉氏に身を寄せ、一乗谷で講義を続けた。天文19年再びこの地を訪れたが、7月12日、76歳で没し、禅林寺に葬られた。
 平入厨子は後世補修されたものだが、高さ40cmの五輪塔を収め、横に墓碑が立っている。
    
大きな地図で 見る