福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 アラレガコ生息地 │ あられがこせいそくち │



指定
種別 天然記念物
管理者 福井県
所在地 福井市、大野市、勝山市、坂井市、 永平寺町
指定年月日 昭和10. 6. 7


 
  カジカ科の魚類。標準和名はカマキリ。体長約15cmに達する。鰓ぶたの骨の後端に4本の棘があり、後方の1本は強大で、鉤状に背中に曲がる。体は灰褐色で、背側には4個の黒褐色の横帯があり、腹面は白色である。日本特有で本州、四国、九州に分布する。福井県では九頭竜川のほか、2、3の河川にも生息する。九頭竜川のアラレガコは特に成長がよく大形で、1935年(昭和10)6月7日に生息地が国の天然記念物に指定された。(指定域、大野~福井)が一部の地域で漁獲が認められている。産卵期は12~3月で、河口に近い汽水域で産卵する。成熟卵をもった白い腹を上にし、あられにうたれながら川を降るといわれるが、実際は中層を流れ降るようである。仔魚はいったん海へ降り、4~5月に川をさかのぼる。夏季は中流域の礫底に生息し、アユなどの魚を食べる。

 
大きな地図で見る