スペーサー
ふくい食の風景
旬のおいしさ大解剖
伝承される福井の食文化
健康レシピ
これからの旬
県産品の逸品
名水の里の料理
健康長寿福井の料理
食菜News
トップページ
   
スペーサー
越のルビー甘えび
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
口の中に広がる特有の香りと甘み。
光り輝く朱色は鮮度抜群の証。
スペーサー
旬の時期 スペーサー9月〜10月、3月〜6月
スペーサー
お問い合わせ
福井県漁業協同組合連合会
TEL.0776-24-1203
福井県漁業協同組合連合会 三国支所
TEL.0776-82-1221
スペーサー
 福井県の底曳き網漁の主な漁港の一つ、三国港では、9月から10月までと3月から6月までが「甘えび」の盛漁期を迎えます。年間で約210トンも水揚げされる「甘えび」は冬の方が身が締まり、おいしいといわれていますが、11月からは、カニ漁の季節を迎えるため、「甘えび」漁に出ている期間が長いのは9月から10月になり、この時期に集中して操業。水揚げされた「甘えび」は、かにと同様に子持ちや大きさ、品質によって厳しく選別され、港に着くとすぐにセリにかけられます。船の帰港時間に合わせて、港には次々と仲買人や鮮魚店の人たちが集まり、次第に活気を帯びていきます。
「甘えび」は腹に青い粒状の子がある“子持ち”が最も高値になります。その次は“子なし”と呼ばれる大きなサイズのもの。三国町特有の呼び方、“さぶろう”は三男に三郎と名付けることが多いことから、中サイズで3番目に値が高いので、そう呼ぶのだそうです。その下に小サイズの“じゃみ”と続きます。
 越前がにや若狭ふぐとともに、福井県の冬の味覚を代表する逸品「甘えび」は、思わずうっとりしてしまうような艶やかな朱色をしています。ひとたび口に入れるとほのかに感じる潮の香り、とろっとしたまろやかさと甘味が広がります。
  何もかもが特有の味と食感です。海底がきれいな近海の水深200m〜500m付近の砂泥地で捕れたものは粘りや甘みが独特です。
鮮度の良し悪しは、体色によって見分けることができます。透明度が高く、頭が黒っぽくないものが良質です。また生きたままや水揚げしてすぐのものよりも、一晩寝かしたほうが甘みが増し、よりおいしく食すことができるのだといいます。
スペーサー
午後5時を過ぎた頃、帰港した底曳きの船から発砲スチロールに詰められた「甘えび」が次々と荷揚げされていきます。
スペーサー
漁師の声
スペーサー
スペーサー
藤嶋正登さん
漁は一隻に6〜7人乗船し、午前1時に出航します。一晩中海上で操業をして、翌日の午後5時過ぎに帰港。第58田井丸の船主を務める藤嶋さんは漁師歴21年を誇るベテランです。「仕事だから大変だと思ったことはありませんが、大漁の時はやはりうれしいですね。新鮮さと甘みが一番の三国の甘えびは、やっぱり刺身で食べるのがおいしいですね」
スペーサー
スペーサー
新しい取り組み
網元女将会
スペーサー
三国町では、平成15年から船を持つ船主の奥さんが集まって、もっとたくさんの人たちに「甘えび」を知ってもらいたいという思いのもと『網元女将会』が結成されました。地元でのイベント参加の他に、刺身以外のフライや炊き込みご飯、すり身の団子などのレシピ作成を行い、PR活動に努めているそうです。
スペーサー
お問い合わせ
三国港機船底曳き網漁業協同組合 TEL.0776-82-0261
スペーサー
北陸から北の日本海にかけて、水深200〜500mの深海に生息している「甘えび」にはグリシン、アラニン、セレンなどアミノ酸が含まれています。また、甘くとろりとした栄養素にはタウリンが多く含まれ、脳卒中や高血圧、心臓病などの生活習慣病予防として効果があるといわれています。
 
スペーサー
底曳き網漁(海底にいる甘えび、かになどを網で曳いて捕る漁業)の中で、「甘えび」の水揚げ高が福井県で最も多い三国港。今の時期は甘えび漁で活気づいています。
スペーサー
スペーサー
スペーサー
生のまま刺身で食べるのが、甘えび特有の甘みととろみを思う存分堪能できて非常に美味。塩焼きや天ぷらなども生の場合と少々異なる甘みが出るそう。
スペーサー
越のルビー甘えび
スペーサー
スペーサー
(C)福井県農林水産部食料安全・流通対策課
スペーサー