スペーサー
ふくい食の風景
旬のおいしさ大解剖
伝承される福井の食文化
健康レシピ
これからの旬
県産品の逸品
名水の里の料理
健康長寿福井の料理
食菜News
トップページ
   
スペーサー
奥越産コシヒカリ福井生まれのコシヒカリ
  人気のハナエチゼン福井県産米を購入するなら
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
白い、早い、旨い。3拍子揃った注目米。
スペーサー
 ハナエチゼンは、コシヒカリ誕生の35年後、やはり福井県(農業試験場)で開発されました。1品種を作るのに要する期間は約15年。その間、毎年約100種を交配して改良を重ね、たった1つの素晴らしい品種を作っていくのです。
 ちなみにハナエチゼンは、コシヒカリから生まれたフクヒカリと、ホウネンワセから生まれた越南122号を交配してできた品種。コシヒカリとの大きな違いは、倒伏に強くて収穫期も一足早いことです(8月20日頃〜)。味も評判で、福井米をいち早く味わえると、近年、人気が定着しています。その証拠に、平成15年の福井県内の水稲作付面積の22%を占め、今や県外でも栽培されています。
 もちろんハナエチゼンもコシヒカリと同様、福井県の恵まれた自然環境下で栽培されているので、高品質で食味値も高いとのこと。
  出荷先も、県内はもちろん、関西を中心に中京や関東へ、年々その範囲は大きく広がっています。
「白い、早い、旨い」のお米、ハナエチゼンは、コシヒカリに続く福井米としての市場を賑わせていくことでしょう。
スペーサー
スペーサー
コシヒカリ同様、トレーサビリティの徹底の他、丁寧な土づくりや今まで以上の深耕(+3cm)、異常気象時の技術対策の確立と普及が行なわれています。それらを踏まえ、信頼の★★★(三つ星)福井米(量、質、安心と安全の3つの信頼)を得て、どこにも負けない高品質米を目指しています。
スペーサー
福井県水稲作付面積・生産量(福井統計・情報センター)
スペーサー
スペーサー
  新たな仲間です!「イクヒカリ」
「コシヒカリ」「ハナエチゼン」を生み出した福井で、今年新たな仲間「イクヒカリ」が加わります。このお米は、福井県農業試験場で開発された品種で、2004年9月30日に命名されてデビューしたばかりです。
 コシヒカリのおいしさを受け継ぎ、特長としてはいもち病に強く、また柔らかく粘りがあり、冷めても硬くなりません。このため、お弁当やおにぎりなどに最適です。コシヒカリ一族の新たな仲間にご期待ください!
スペーサー
スペーサー
奥越産コシヒカリ福井生まれのコシヒカリ人気のハナエチゼン福井県産米を購入するなら
スペーサー
スペーサー
(C)福井県農林水産部食料安全・流通対策課
スペーサー