スペーサー
ふくい食の風景
旬のおいしさ大解剖
永平寺の食
これからの旬
県産品の逸品
健康長寿ふくいの料理
食菜News
アンケート
トップページ
     
スペーサー
越前がに「越前がに」が冬を熱くする。心身を元気にする魅力的な味。
スペーサー
スペーサー
スペーサー
福井の冬を彩る、味覚の王者。
スペーサー
スペーサー
福井の冬と言えば、「越前がに」。
毎年11月6日の解禁日は、
越前港や三国港など、福井県内の漁港が大賑わいです。
いかつい顔に堅い甲羅、鋭い爪のその奥には、
食べる者を黙らせ、至福の喜びに変える、
日本一の味覚があるのです。
スペーサー
旬の時期 スペーサー11月上旬〜3月下旬
スペーサー
お問い合わせ
福井県漁業協同組合連合会 TEL.0776・24・1203
http://homepage3.nifty.com/jf-fukui/

スペーサー
 「越前がに(ズワイガニ)」は福井県の代名詞とも言える特産品の代表格であり、冬の味覚の王者。今年も11月6日午前0時に待望の越前がに漁解禁を迎えました。
 平成16年11月5日、午後9時半。今回は、越前町大樟(おこのぎ)漁港に伺いました。解禁日を翌日に控えたこの時刻、カニ漁に出る船の灯りが一際眩しく、エンジン音も大きくなります。解禁日を海上で迎え、すぐに漁ができるようにと、毎年この時刻に出港するのです。何人かの漁師に出港前の気持ちを聞くと、「1年でこの日は特別です。いつも以上に緊張しますね」と、誰もが同じような言葉を返してきます。そして送り出す家族の方も、不安と期待が入り交じった気持ちになると言います。それほどに「越前がに」に懸ける思いは、注目度と同様に熱く大きいのです。
 「越前がに」とは雄のズワイガニのことで、雌はセイコガニと呼ばれ、双方の違いはまず大きさにあります。ズワイガニの生息場所は、水深290〜350m付近で、10回以上の脱皮を繰り返し大きくなります。一方、セイコガニは水深230〜250m付近に生息、脱皮回数はズワイガニより少ない10回程度です。
   それぞれの生息場所や成長過程は違いますが、どちらも美味しいのは、やはり越前海岸沖だからです。越前海岸沿岸は、急深で漁場が目と鼻の先にあり、特に冬の寒さが海水に最も影響する海域。その厳しい環境がカニにとって最良の生息場所となり、その結果、最高の漁場になるのです。
 越前海岸沖という最高の漁場で、「越前がに」という最高のカニが水揚げされること。それは厳寒の冬となる福井県だけの、極上のご褒美であり、ご馳走と言えます。
スペーサー
水揚げすぐの「越前がに(ズワイガニ)」は、少し透明感のある赤茶色ですが、茹でると鮮やかな朱色に大変身します。
スペーサー
出港
スペーサー
11月5日、午後9時半頃の越前町大樟漁港。解禁日である11月6日午前0時を漁場で迎えるため、この時刻になると次々と出港していきます。出港前はどの船も念入りな準備に追われ、誰もが緊張した面持ちで出港を待ちます。その他の漁港でも同じような光景が見られ、越前町全体では大小50隻以上もの船が出港しました。漁期は「越前がに(ズワイガニ)」は11/6〜3/20、セイコガニは11/6〜1/10。地元でズボガニと呼ばれている水ガニは、2/1〜3/12まで。まさに「越前がに」は期間限定のご馳走です。
スペーサー
最初の出港から約20分程度で、すべての漁船が出港していきました。沖に出ていった漁船の灯りは、漆黒の日本海を明るく照らし、大漁を予感させます。
スペーサー
当然のことながらカニの爪は鋭く、作業中に傷つけられることもあるとか。海水の入った水槽に入れられている「越前がに」は、捕まってもなお逃げようとするほど元気で活きが良いです。
  帰港
スペーサー
早い漁船で11月6日の早朝に帰港。しかし5日の夜に出港した漁船の多くは、11月7日の朝に帰港します。午前9時からのセリに間に合うように、ギリギリまで漁場にて作業し、午前8時頃が帰港ラッシュとなります。帰港途中は船内での作業に追われ、戻った後もセリに間に合うように作業が続きます。
スペーサー
漁師の声
スペーサー
スペーサー
漁師 小林利幸さん
「越前がに」が美味しいのは、漁場の地形が良いから。というのも、漁場付近の水深が100m〜150m〜200m〜と、ちょうど段々畑のような地形になっており、それが魚やカニにとっては生息しやすいのです。このような地形は他地域ではあまり見られないため、魚やカニが快適に過ごすことができ、美味しさにつながっていると思いますね。また「越前がに」の見分け方はお腹の色。茹でた後、お腹部分がほんのり山吹色になるのが特徴です。
スペーサー
スペーサー
越前がに「越前がに」が冬を熱くする。心身を元気にする魅力的な味。
スペーサー
スペーサー
(C)福井県観光営業部ブランド営業課
スペーサー