スペーサー
ふくい食の風景
伝承される福井の食文化
これからの旬
県産品の逸品
健康長寿ふくいの料理
食菜News
アンケート
トップページ
       
スペーサー
御食国若狭鯖が支えた食文化。食通も納得、京料理の高級食材 若狭ぐじ。
スペーサー 都へつながる海の玄関口、若狭。健康長寿が息づく若狭。焼き鯖寿司
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
全国で大ブームになっている福井名物「焼き鯖寿司」。
今回は福井県内・県外ブームという形で元祖たる由縁、
空弁のヒット秘話などを探ってみました。

スペーサー
お問い合わせ
(社)福井県物産協会 TEL.0776-41-3357
http://www.fukui-bussan.or.jp/
スペーサー
焼き鯖寿司630円〜
スペーサー
県内ブームの火付け役
スペーサー
 近年、福井名物の「焼き鯖寿司」が全国的に大ブームになっています。一見、単純な寿司ですが、その味は絶妙で、飲食店の多くが採用するほどの人気商品です。
スペーサー
 焼き鯖寿司の発祥は、どこの誰が?というと、実は福井県三国町の飲食店経営者、中本さんが生みの親です。「三国町の名物を作りたい」「福井の伝統料理である浜焼き鯖と寿司が好きだから」という2つの熱い思いで、焼き鯖寿司を試作。その後、試行錯誤を繰り返し、2000年5月にようやく完成し、地元の盛大な祭り「三国祭」でお披露目しました。ほど良く脂がのった浜焼き鯖に吟味された寿司飯。ごはんはもちろん、福井が生んだ美味しいお米「コシヒカリ」。その味の組み合わせと美味しさには、多くの人が驚きました。
 もちろん焼き鯖寿司の登場はある日突然ではなく、歴史的背景も考えてみると興味深いものがあります。というのも、鯖と福井の関係は深く、特に若狭地方では御食国や鯖街道から分かるように、昔から日常的に鯖を食してきました。さらに奥越地方では「半夏生鯖」と呼ばれる丸焼きの鯖を、夏のスタミナ源として食べる習慣が今でも続いています。つまり米どころであり、鯖との深い関係を持つ福井において、中本さんが作り始めた焼き鯖寿司は、まさに福井の今と昔を融合させた素晴らしい発想だったのです。
 焼き鯖寿司ブームは現在も進行中。福井県内の飲食店では人気の定番メニューの一つに数えられるほど。まさに名実ともに福井名物です。
スペーサー
仕掛け人
スペーサー
スペーサー
中本貴久さん
中本さん自身、鯖の品質はもちろん、寿司飯となるお米、炊き方にも当然気をくばっています。
「2000年の発売以降、様々な焼き鯖寿司が登場してきて、私自身とても嬉しく思っています。それぞれに作り方も味も違いますが、まずは“焼き鯖寿司は福井が発祥であること、美味しいということ”を全国の皆さんに実感していただきたい。そして福井にもっと興味を持っていただければと考えています」
スペーサー
 
全国ブームの火付け役
スペーサー
 “空弁”という流行語まで生んだ焼き鯖寿司は、ブームを超えていまやロングセラー商品となっています。ブームの影には、全員の結束力がありました。
スペーサー
 焼き鯖寿司を全国区で「空弁(そらべん)」という流行語を生むまでにヒットさせたのは、空港内で商品を販売するJALグループのJALUX。別の商品の売り込みに来た福井県内の企業が、お土産として持ってきた「酢飯の上に浜焼き鯖が乗った寿司」を応対した業務課課長補佐の中井さんが「面白そう」と思ったのがきっかけ。
「最初に食べたときに、これはいけるかもしれないと思いました」と語るのは、株式会社JALUX 羽田空港支店課長の石井さん。BLUE SKY第1空港店の副店長でもあり、焼き鯖寿司の商品化にあたっての陰のキーマンです。真空パックにすることや、鯖を焼いたそのままではなく、きちんと一口大に整えた四角形にしたことなどは、石井課長からのリクエスト。「あと譲れなかったのは、1箱あたりの量と値段です」。長年、空港の売店で販売を行なってきた実体験に基づいた意見でした。最終的に大小の2種類が誕生しました。
「大きかったのは、企業の方の熱意です。開発期間がわずか2カ月ですんだのは、直して欲しいと依頼した後のレスポンスの早さが鍵でした」と石井課長。異例の早さで商品を開発、当初10個売れれば合格ラインも初日から売り切れ、少しずつ数を伸ばしていったとか。
 最初にマスコミに登場したのは日本経済新聞。そこからは、一気に火がつき気がつけば、1年の間に広報が対応した取材の数は150本という脅威の数字でした。
 今も順調に売れており、まだまだ、空弁では、焼き鯖寿司の時代が続きそうです。
スペーサー
仕掛け人
スペーサー
スペーサー
株式会社JALUX 羽田空港支店 課長
BLUE SKY 第1空港店
副店長
石井孝行さん
 中井さんは京都出身で昔から若狭の鯖寿司には馴染みが深く、親近感があったそうですが、一方の石井課長は江戸っ子。江戸っ子の石井課長の感覚が東京の人への販売ポイントとなったといえます。
「でも、支店長が朝5時のテレビにも快く出演してくれたりと、まわりの協力も大きかったですね。支店長は福井県勝山市出身ですし、ご縁があるんでしょうね(笑)」
スペーサー
福井県内で新たな焼き鯖寿司を発見!
スペーサー
福井名物焼き鯖寿司。今ではスーパーや高速道路のサービスエリアでも販売され、寿司屋や料亭、回転寿司、居酒屋などの飲食店のメニューとしても定番化されています。そんな中で新しい焼き鯖寿司が続々と登場しています。
スペーサー
「明太子入り」
浜焼き鯖と明太子という驚きの組み合わせは、意外によく合います。ピリッとした辛さがアクセントになっていて、プチプチとした歯ごたえも魅力です。
スペーサー
「福井特産のおぼろ昆布巻き」
浜焼き鯖を包み込む自家製米と福井特産のおぼろ昆布が特長の焼き鯖寿司です。ご飯の中にはボリュームたっぷりの浜焼き鯖が入っています。 
スペーサー
 
「浜焼き鯖の創作寿司」
浜焼き鯖に加えて、味噌で味付けした旬菜が入っている創作寿司です。そのすべてが見事なまでにマッチしていて、それは寿司の域を超えた味です。
スペーサー
「味噌味」
特製味噌に、約1週間漬け込んだ鯖は、香ばしくて風味も豊かに広がります。見た目よりも食べやすく、後を引く美味しさです。
スペーサー
ごはんの中にも
「浜焼き鯖」

ごはんの中にもほぐした鯖が入っており、余分な油を落として焼いた浜焼き鯖がのっています。
スペーサー
御食国若狭鯖が支えた食文化。食通も納得、京料理の高級食材 若狭ぐじ。
スペーサー 都へつながる海の玄関口、若狭。健康長寿が息づく若狭。焼き鯖寿司
スペーサー
スペーサー
(C)福井県農林水産部販売開拓課
スペーサー