旬の美味しさ大解剖

ふくいポーク

ふくいポーク
旬の時期 通年
【お問合せ】
福井県養豚協会・社福井県畜産協会
TEL:0776-27-8228

肉質がよく、柔らかい飼料にこだわり
安全・安心を追求した人気のブランド豚。

 福井県のブランド肉「ふくいポーク」は、福井県内で人気の豚。
 福井県畜産試験場から種豚が供給され、三元交配種として生産した子豚を徹底した衛生管理のもとで育てた豚だけが「ふくいポーク」とされます。
 おもに福井県内の量販店や農産物直売所で販売され、消費者が購入しやすい環境であることも認知度が高まっている一つの理由かもしれません。

 福井県でふくいポークの生産農家は2軒。その一人である川崎さんは現在、生まれたばかりの子豚から繁殖用の豚まで約800頭を育てています。自宅周辺の数箇所の豚舎には、成育別に豚を分けて飼育しています。生まれた子豚は30日齢前後で子豚舎へ移し60〜70日齢まで離乳期の飼料で飼育。110日齢ぐらいまでは育成用の飼料を食べます。180日齢までは仕上げ用の飼料を与えて出荷します。

 川崎さんの仕事は早朝6時、まずは子豚の状態をチェックすることから始まります。体調の良し悪しなどを確認し、豚舎内の温度を測ります。豚を飼育する上で最も気を使うのが温度管理です。こまめな換気などにより20℃前後で過ごしやすい状態を作ります。豚も人間と同じで、快適な空間で過ごすことでストレスのないリラックスした生活を送ることができ、しいては脂のノリが良い、美味しい豚肉を作ることにも繋がります。週に一度、30頭を目安に出荷。計画しながら安定した生産を行っています。
 「消費者の口に入るものだからこそ、細心の注意を払っています。私も消費者の一人。美味しさはもちろんですが、安全面には特に気をつけています」とは川崎さん。清潔に心掛けるのも良質なふくいポークを育てるポイントの一つ。もみがらを敷くのは、排泄物をもみがらに吸わせて掃除しやすくするため。手間が掛かろうとも、豚舎内の掃除は毎日欠かしません。

 生産者の多くの苦労や努力で福井県のブランド豚が生まれ、安定した出荷が保たれています。それに加えて安全・安心への強い思いは確実に消費者へと届いています。
3種類の良いところを合わせた品種
品種は、代表的なランドレース種のメスと、丈夫で発育が良く大型である大ヨークシャー種のオスから生まれた雑種第1代のメスに、肉質が良いデュロック種のオスを掛け合わせて生産された三元交配豚です。3種類の良いところを合わせた豚肉を生産しているのです。
豚舎の様子
福井県産のふくいポークに関して生産者の取組みや流通販路などの情報を公開するトレーサビリティシステムがあります。
http://pork.shokunet-tikusan.jp/
豚舎内の清掃 豚舎の中の豚
肉質は、締まりが良い上、柔らかい。そしてきめが細かく、風味が良いのが特徴です。また、良質のたんぱく質・ビタミンB1が豊富です。
川崎養豚場
川崎養豚場は越前市にあります。四方が山に囲まれた自然豊かな地。そんなのんびりとした場所で育つふくいポークを想像するだけで、美味しさへの期待度も高まります。
【ふくいポークの新ご当地鍋発売!】
ふくいポークの新ご当地鍋
福井県産品の地産池消を推進している福井県販売開拓課がサッポロビールと協力協定を結びました。具体的には、県内の飲食店でふくいポークを使ったメニューを開発してもらうというフェアを実施しています。詳しくはサッポロビール北陸支社 TEL:076-263-2256
川崎拓さん 【生産者の声】
川崎拓さん(越前市在住)
家族で養豚業を年中無休で営んでいます。体力仕事のため、日々健康には気を使っている川崎さんは、広大な敷地をトラクターやバイクに乗って移動。効率よく仕事をこなしています。「ふくいポークを美味しく食べるなら豚カツやしゃぶしゃぶがいいですね。ダイレクトに肉の旨味を味わえるのでおススメです」。