特集!

何が違う? どんな味? 福井米の秘密。

福井は全国有数の“米どころ”で、米にかける思いは日本一!といっても過言ではありません。というのも、美味しい米の代名詞でもある“コシヒカリ”発祥の地であり、そのほかにもさまざまな米を開発、生産しているからです。
そこで今回は、福井生まれの米がなぜ美味しいのか、他の米と何が違うのか、さらに新ブランド米のこともご紹介します。


福井米
研究開発を実施夏から秋へ
試験場では水稲はもちろん、様々な農作物の研究開発を実施。
図

まろやかな水と良質の土で育つ福井米。

 福井県は、日本海に面した北陸地方の一番南側に位置しています。四季の移り変わりがはっきりした土地柄で、特に冬は降雪が多く、今なお豪雪に悩まされる地域もあります。
 県の西側は日本海、東側は霊峰白山などの1000m級の山脈、東西の間は平地と、海・山・里のすべてを有していることから“食材の宝庫”とも言われています。

 中でも今回紹介する福井米は、県内全域で作られており、それぞれの地域独特の味に仕上がっています。その背景には美味しい米の素となる素晴らしい水と土壌があります。
 水は、霊峰白山の支脈や福井県を横断する九頭竜川などの水源も豊富で、味もまろやか。米づくりに欠かせない美味なる水です。

 また、福井県内には湧き水や地下水も多く、そのどれもが美味しいと定評があります。中でも県東部、大野市街地の名水「御清水(おしょうず)」は、今なお住民の生活水として親しまれ、近年では観光地としても賑わいをみせています。
 土壌は、以前より生産者それぞれが工夫や努力、勉強を重ね、その土地にあった土作りを続け、後継者へと繋げています。
 例えば、土の中に不足している栄養分を細かく調査して補給したり、有機肥料を加えて地力向上を図ったり、一朝一夕では実現しない良質の土を、時間と手間をかけて作っています。これは米に限らず、野菜栽培にも言えることで、福井県全体がすべての農作物にとって良質の土壌に整えられているといっていいでしょう。

夏から秋への寒暖の差が味の深みに。

 また、福井の気候にも美味しさの秘密があります。夏が終わり秋へ移る季節の変わり目、日中はまだ夏を思わせる気温でかなりの暑さを感じるものの、夕方には収まり、夜には一気に冷え込みます。この激しい寒暖の差が、米をはじめ農作物全般に刺激となり、深みのある味を生み出していると言われています。

荒島岳御清水
大野市の湧き水、御清水。町中にあり、市民の憩いの場でもある(写真上右)
1000m級の山々がそびえる福井県東部。その中の一つ、荒島岳 (写真上左)
湧き水収穫

福井県農業試験場から生まれる
新品種に期待!

 全国有数の米どころとしてその名を知られている福井県ですが、その名を一躍有名にしたのは、やはり“コシヒカリ”です。今や美味しいお米の代名詞で、全国各地で生産されるようになりましたが、その発祥は福井県なのです。
 コシヒカリが生まれたのは約50年前のこと。福井県農業試験場における長年の品種改良の結果、誕生しました。福井県農業試験場は、水稲をはじめ麦、大豆、野菜、果樹などの高品質かつ安定生産技術の開発を行う、福井県の農業全般を支えている機関です。コシヒカリ誕生後も米の開発は継続されており、コシヒカリを基に様々な研究開発を経て、ハナエチゼンやイクヒカリ、あきさかりなど、次々と新品種が誕生しています(それぞれの詳細は次ページを参照)。

 ちなみに米の品種改良には、当然ながらかなりの時間を要します。試験場のスタッフによれば、「毎年100種ほどを交配し、交配させた水稲から籾を取り出し、育苗して管理。品種改良を重ねながら、種々の形質が固定するまで毎年繰り返していきます。ですから1品種を作るのに14〜15年はかかります。もちろんその1品種誕生の背景には、世にでることのない品種も多数あります」とのこと。もちろんその間、研究開発にあたるのは1人ではなく、数名によるチームです。農業試験場のスタッフ個々の米への熱い思いと強い探究心、そして強力なチームワークがあるからこそ、美味しい福井米が誕生し、広く親しまれていると言っても良いでしょう。


ふくいのお米食フェスタまだまだあるよ、
福井の美味しい米!

去る2009年11月、東京の「ふくい南青山291」にて、「ふくいのお米食フェスタ」が開催されました。当日、出展されていたこだわりのお米を紹介します。

●うららの米
池田町米穀 協同屋
〒910-2511 今立郡池田町藪田1-8-1
0778-44-7747 http://www5.ocn.ne.jp/~urala

●有機米コシヒカリ 田んぼの天使
越前「田んぼの天使」有機の会
〒916-0255 丹生郡越前町江波89-51-1
0778-32-3807

●完全無農薬・特殊有機肥料栽培こしひかり米
  越前ふり姫ものがたり

越前三国 重左エ門商店
〒910-0103 福井市中角町57-51-1
0776-55-1516 http://echizensoba.net/

●越前府中味真野米(ピロール農法コシヒカリ)
有限会社 万葉
〒915-0024 越前市上大坪町19-20
0778-27-1863

●有機JAS認定米 味じまん(コシヒカリ)
高見農園
〒912-0147 大野市柿ヶ嶋33-18
090-4687-6412(高見さん)

●とくみつのお米(ピロール農法キヌヒカリ)
有限会社 ザ・デリケン(事務局)
〒919-0305 福井市徳光町30-17-1
0776-41-0596
●もうえもん米(ピロール農法コシヒカリ)
茂右衛門農場
〒916-1102 鯖江市大野町29-21
0778-42-8551 http://www.komeyasan.jp/

●永平寺れんげ栽培コシヒカリ
JA吉田郡
〒910-1222 吉田郡永平寺町諏訪間47-27-1
0776-63-2660 http://www.eiheiji-mai.jp/

●天日干し完熟米
尾崎ファーム
〒919-1551 三方上中郡若狭町杉山36-7
0770-62-1552 http://www.ozaki-farm.net/

●あきさかり
合同会社 神谷農園
〒919-1544 三方上中郡若狭町神谷35-24
090-4320-5350(橋本さん)

●コウノトリ呼び戻す農法米
JA越前たけふ西部支店(事務局)
〒915-1211 越前市堀町11-14-1
0778-28-7777 http://blogs.yahoo.co.jp/tune20202004

●あきさかり
株式会社平成大野屋
〒912-0081 大野市元町1-2
0779-69-9200 http://h-onoya.co.jp/
福井の美味しい米