福井県は住みやすさ日本一

健康長寿で住みやすさ日本一の福井県

平均寿命が全国トップクラスの健康長寿県です。また、全国一住みやすい県として評価されています。

平均寿命は男女とも平均4位と全国トップクラス(平成17年)、また、法政大学の「47都道府県の幸福度に関する調査」で、優れた子育て環境など多くの面で高い評価を得た結果、福井県が全国総合1位を獲得しています。

働く場など雇用環境がすぐれた福井県

福井市内の企業にて 企業立地や新規創業による雇用の創出などにより、有効求人倍率が高<、女性の社会進出も盛んで、働きやすさは全国トップレベルです。

有効求人倍率は1.18倍で全国1位(平成24年4月)、完全失業率は3.3%で全国2位(平成23年)、夫婦のいる世帯数に占める共働き世帯の割合は56.8%で全国1位(平成22年)

医療・福祉が福井県は全国トップクラス

福井県立病院 公立病院などの医療施設や特別養護老人ホームなどの介護施設が充実、また、保育所入所待ち児童数ゼロや3人目以降の子どもの保育・医療費用の原則無料などにより、女性1人が産む子どもの数も全国トップクラスです。

人口10万人あたり救急告示病院・一般療養所の数は7.8で全国1位、65歳以上人口10万人あたり介護老人福祉施設定員1,942人全国3位(平成22年)、合計特殊出生率(概数)は1.55で全国5位(平成21年)

福井県の住宅環境は、全国トップレベルの広さ

持ち家比率が高く、その持ち家住宅の延べ面積も全国トップレベルの広さです。

持ち家比率は77.4%で全国3位、持ち家住宅の延べ面積は172.6m²で全国2位(平成19年)

県内市町も住みやすさが上位

福井市 愛宕坂のライトアップ 大手出版社などがまとめる「全都市住みよさランキング」などの統計で、県内の市町は上位にランクインするケースが多々見受けられます。

大手出版社の全都市住みよさランキング(平成21年)で、県内では坂井市6位、福井市11位、敦賀市26位、鯖江市39位と上位にランクイン(指標:「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」)