優位性・必要性

沿線地域のポテンシャル

北陸新幹線沿線は沿線人口が大きく、経済活動が盛んで、開業後の需要が見込める地域です。

沿線人口の多さ

  北陸新幹線沿線の人口は約4,150万人で、東海道新幹線沿線と比較しても遜色のない沿線人口を有しています。

グラフ:新幹線沿線人口

出典:『平成22年国勢調査 人口等基本集計結果』(H23.10 総務省)

沿線総生産

  北陸新幹線の沿線は事業所・従業者が多く、総生産が大きいため、経済的なポテンシャルが高い地域です。

グラフ:沿線総生産累計

↑ ページの先頭へ戻る

北陸新幹線の需要

北陸新幹線沿線は鉄道利用の高い地域、開業後の需要も大きく予測されています。

鉄道分担の高さ

  各新規着工路線と大都市間の利用交通機関の状況を比較すると、北陸からの流動は鉄道利用が多く、新幹線開業後の需要が見込める路線です。

グラフ:未着工路線と大都市の利用期間の状況

需要予測

新幹線開業後の需要(イメージ)

  新幹線開業後の需要は、主に現在の特急利用からの転換や、他の交通機関からの転換により予測することが可能です。
  北陸発着の移動は他の線区と比較して、新幹線の需要の基礎となる現在の鉄道利用が多く、需要が見込める区間です。

図:新幹線開業後の需要

↑ ページの先頭へ戻る