岡倉天心と福井県とのつながり
 天心の生い立ち
 岡倉天心とは
 関連サイトの紹介
 
 
天心の生い立ち
100年経った現在もなお、輝き続ける天心の偉業。しかし、彼の人生はその才覚に応じてか、山あり谷あり、波乱万丈の人生であった。

 
年号 年齢
(満年齢)
区分 出来事
1862 文久2
0歳




旧暦12月26日(西暦1863年2月14日)横浜に生まれる
1868 明治元 6歳 弟の由三郎が誕生
1869 明治2 7歳 ジェームス・バラの英語塾に通い始める
1870 明治3 8歳 母親「この」が急逝
1875 明治8 13歳

東京開成学校(のち東京大学と改称)に入学する
1879 明治12 17歳 大岡もと(のち基子と称す)と結婚する
1880 明治13 18歳







東京大学を卒業し、文部省に勤務する
1884 明治17 22歳 法隆寺夢殿の秘仏救世観音像を開扉させる
1886 明治19 24歳 欧米の美術視察にアーネスト・フェノロサらと共に出張する
1889 明治22 27歳 高橋健三とともに美術誌「国華」を創刊
1890 明治23 28歳 東京美術学校校長となる
1893 明治26 31歳 美術調査で初めて中国を旅行する
1898 明治31
36歳







東京美術学校校長の職を退き日本美術院を創立する
1901 明治34 39歳 インドに渡り、翌年にかけて仏跡を巡る
1902 明治35 40歳 インドの詩人タゴールと交流を深める
1903 明治36 41歳 『The Ideals of the East(東洋の理想)』ロンドンで出版する
1904 明治37 42歳






アメリカのボストン美術館中国・日本美術部に入る
セントルイス万国博において「絵画における近代的諸問題」の題名で講演
『The Awakening of Japan(日本の覚醒)』をニューヨークで出版する
1906 明治39 44歳 福井県に立ち寄り、異母姉の坪田百や夫の均を訪問
『The Book of Tea (茶の本)』をニューヨークで出版する
1910 明治43 48歳 ボストン美術館中国・日本美術部長になる
1911 明治44 49歳 弟の由三郎とともに坪田家を訪問
1913 大正2 51歳 古社寺保存会に出席し、法隆寺金堂壁画の保存について建議案を作成する
療養のため新潟県の赤倉に移るが病状が悪化し、没する