岡倉天心生誕150周年記念
福井県と岡倉天心
福井が生んだ国際人
 岡倉天心と福井県とのつながり
 天心の生い立ち
 岡倉天心とは
 関連サイトの紹介
 
 
天心の業績T
天心は、維新後の極端な西欧主義から、古来の日本の文化財が見向きもされず、さらに、廃仏毀釈、旧大名家の没落などにより、貴重な絵画、仏具、仏像、刀剣類などの美術品が海外に流出する実情を憂慮していた。

そこで、文部省に働きかけて「古社寺保存法」を制定し、主な美術品について売却や移動を禁じた。今日の「文化財保護法」の前身であり、私達が多くの美術品を観賞できるのも、天心の労に負うところが大きい。

また、天心らが創立した東京美術学校は、大観、春草、観山らの第一期生を先駆者として多くの日本画、西洋画、彫塑の俊才を輩出した。更に大観、春草らは野に下った天心の理想に心酔し、日本美術院の創設に参加し、その後、近代日本画のリーダーとなった。西洋美術の長所を取り入れながら、古い日本画に風穴を開け、新しい日本画の創造に大きく寄与したのである。

さらに、中国、インドにも何度も旅行し、見聞き研究した成果をまとめて、「東洋の理想」「日本の覚醒」さらには日本民族が平和な文明民族であることを記した「茶の本」の英文三部作を刊行し、西洋人が日本人を理解する上で多大の貢献をした。ボストン美術館時代は中国・日本美術部長としての職務を全うして、優秀な館蔵品の充実に努める一方、各地で講演し、敬愛を集めた。

天心が偏った民族主義、国粋主義にならなかったのは、子供時代に英語を習得し、英字新聞を読むことで外国人がどのように日本人を見ていたかを冷静に分析し熟知していたからであろう。

天心作品展