[ 当社のオンリーワン技術 ]

 樹脂は、我々の生活のあらゆるところで使用されています。従来その接合には、接着剤・熱板溶着・高周波溶着・振動溶着・超音波溶着などの様々な方法が用いられていましたが、当社はいち早く半導体レーザを用いた樹脂溶着に着手し、レーザ樹脂溶着機を開発しました。
 レーザ溶着は、接着剤などを用いずに熱で溶融することを利用した新しい工法で、樹脂部品の溶着後の外観向上、レーザ径でレーザビームを光学的に制御でき、熱によるひずみがほとんどなく、薄肉の精密溶着が可能になるなどのメリットがあります。

レーザ樹脂溶着機

レーザを用いた加工システムをトータルサポート

 レーザ溶着技術の収得において、樹脂には色々な種類があるため、出力とレーザの選定がキーポイントでした。試行錯誤の基礎実験を繰り返し、その多くの実験結果を基に最適なレーザ選択と出力制御により本機の実用化が可能になりました。
 この経験とノウハウの蓄積により、お客様がモノづくりで抱えている問題を解決するコンサルティングから、ニーズに対して最適なシステムを提案するソリューション、そして具体的な装置を実現する装置メーカーまでの役割をトータルで実践し、このことが当社の強みとなっています。

[ 企業情報 ]

〒918-8237 福井市和田東1丁目1701
TEL:0776-58-3500
FAX:0776-58-3550
URL:http://www.finedevice.co.jp

代表者    代表取締役社長 高見澤 守
連絡担当者  製造技術部 柳生 尚邦
設立 1996年3月
資本金 6,000万円
従業員数 17名
事業内容 レーザ関連製品の設計、製造、販売
超精密位置決めステージ設計、製造、販売
その他精密機械の設計、製造、販売
※レーザ樹脂溶着機
 30W~大出力までのラインナップ出力の軌跡制御、治具の制作など、当社オリジナルの量産対応システム
※超精密位置決め大型ステージ
 加工目的に応じた小型から大型までの高性能高精度精密位置決めステージの設計、製作

経営者から一言

レーザ加工による製品は、加工・リサイクル時のメリットが非常に高い加工技術です。
今後はより多くの樹脂製品製造加工業種の方に見ていただきたい技術です。当社は、システムアップが出来るメーカーの特徴を活かし、研究開発機から生産ライン機まで、お客様のニーズにあったご提案をさせていただきます。