[ 当社のオンリーワン技術 ]

 防災に寄与するコンサルタントとして、斜面の防災を未然に防止する「玉コロ傾斜検知器」を開発。本製品は、斜面の上に設置した検知器が傾くと検知器の中にある玉(連絡玉)が連絡管内を転がり落ち、斜面の下に設置した警報表示器に到達すると赤旗が上がるという単純な仕組みです。電気を使わないメンテナンスフリーの製品で、単純な仕組みのため、なかなか故障しません。
 従来にない画期的な製品であり、機器の費用も従来のものと比較して低価格であることから、今後、道路パトロールでの斜面点検や工事中の安全確保等での使用が期待されます。

玉コロ傾斜検知器

斜面上部の岩などの状態(落石や土砂崩れの予兆)を監視する機器

 無線装置などを持つ斜面の異常を監視する機器は高価であり、また、そのほとんどが電気を使うため、バッテリー交換等のメンテナンスが必要となります。
 当社は、斜面上部の岩などの状態(落石や土砂崩れの予兆)を監視する、電気を使わない単純な構造の機器を福井大学・福井県・(財)福井県建設技術公社との産学官共同研究にて開発しました。当社は建設コンサルタントを主な事業としていますが、これまでに蓄積してきたノウハウを活かし、防災面での事業展開を図っていきたいと考えています。
(平成20年に「建設技術展2008近畿(日刊建設工業新聞社、(社)近畿建設協会主催)」で審査員特別賞受賞。平成22年に「国土交通省近畿地方整備局 平成22年度研究発表会」で優秀賞受賞)


検知器本体
検知玉の上におもり板と連絡玉(玉コロ)を載せる 傾くと連絡玉(玉コロ)が連絡管を転がり落ちる
警報表示器
常 時 異常時
(赤い札が出てくる)

[ 企業情報 ]

〒918-8525 福井市花堂北1-7-25
TEL:0776-36-2790
FAX:0776-36-3300
E-mail:sanwacon@sanwacon.co.jp
URL:http://www.sanwacon.co.jp
代表者    代表取締役 若林 喜久男
連絡担当者  総務部 人事グループ
設立 1949年5月
資本金 9,800万円
従業員数 229名
売上高 21億8,090万円
主要取引先 国、県、市町村、土地区画整理組合
事業内容 防災・環境・街づくり・土木関連測量
調査・設計・維持管理

経営者から一言

当製品以外にも「地上リモセン岩斜面」「振動計測吹付評価」等の商品開発により、道路斜面の事前評価から土木設計による対策まで、一貫した「斜面防災」に関する業務が行えるようになりました。