[ 当社のオンリーワン技術 ]

 従来の電磁波シールド工事と言えば金属で囲んだ部屋を施工するものでしたが、当社は、電磁波を遮断する素材を挟み込んだ壁紙を開発し、内装工事として施工する工法を生み出しました。
 既存の内装材の張替えなどを行うだけで、ローコスト、短期間で電磁波シールドルームを実現することができます。破損しても容易に張り替えることができ、簡単に補修や保守ができるというメリットもあります。

電磁波シールド材「シールドプロテクター」

従来工法に比べてコスト1/2、工期1/3を実現

 シールドプロテクターは、電磁波を99%シャットアウトする壁紙などの内装材です。壁や床、開口部などの内装工事を実施することにより、電磁波の影響を受けないシールドルームを作ることができます。
 サーバなどの情報機器から漏れる微弱な電磁波や無線LANによる情報漏えい防止や、外部電磁波から精密電子機器を保護することを目的として、大学の実験室や大手メーカーの開発室、企業のデータセンターなどで多数の施工実績があり、今後も各企業などでの需要が見込まれます。


[ 企業情報 ]

〒918-8231 福井市問屋町4丁目102
TEL:0776-26-9786
FAX:0776-22-1540
E-mail:murasaki@trad.ocn.ne.jp

代表者    代表取締役 村崎 肇
連絡担当者  同 上
設立 1970年4月
資本金 1,000万円
従業員数 8名
売上高 6,500万円
主要取引先 NECネッツエスアイ㈱、協和エクジオ㈱、日立セキュリティサービス㈱、日本コムシス㈱
事業内容 電磁波シールド工事
内装インテリア全般

経営者から一言

個人情報保護法案が施行されるなど、ハード・ソフトの両面から、企業などでの情報漏えい対策が必要不可欠となっています。ようやく対策に一歩踏み出したというのが現実ですが、今後、この分野の重要性についてさらに認知してもらい、より大きなマーケットにしていきたいと考えています。