[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は独自のイオンプレーティング技術を確立し、従来の蒸着製品と比べ、耐久性や加工条件への問題を解決することができました。
 この表面処理法による加工品は球状から長尺物まで対応可能で、電気を通さない絶縁物にも実績があり、量産加工にも対応できるメリットがあります。
 耐久性に加え、装飾性が必要とされる製品や、接点のない表面処理など、眼鏡産地でのトップシェアの技術と実績を活かし、様々なご要望にお応えします。

ゴルフ用カーボンシャフトの装飾

ゴルフ用カーボンシャフトの表面処理で世界シェアNo.1

 従来のゴルフ用カーボンシャフトへの表面処理は塗装品がほとんどで、メタルシャフトのような高級感のある外観が求められていました。
 当社は、イオンプレーティングにて金属膜を付けることにより、高級感のある仕上がりを実現。その技術が評価を受け、ゴルフ用カーボンシャフトの表面処理において世界シェアナンバーワン(90%)を誇ります。

メガネフレームの表面処理

メガネメタルフレームの表面処理で国内シェアNo.1

 メガネフレームは、少量多品種の最たるもので、装飾、耐腐食性の向上を目的とした表面加工に関しても、その種類は当社だけでも1万種類を超えます。めっき、電着塗装、イオンプレーティングを組み合せていろいろな加工を行っています。
 また、現在多くなってきているチタン合金を材料としたメタルフレームにもこれらの組合せで対応しており、当社は、メタルフレームへの表面処理において国内シェアナンバーワン(約60%)を誇っています。

無接点でのイオンプレーティング加工

接点跡を残さないイオンプレーティング加工で国内シェアNo.1

 表面処理を行う場合は必ず対象物を治具に固定するため、その接点の跡が残りますが、パチンコ玉やスロットルのコインなど、接点の跡が残ってはいけない製品があります。
 当社は、接点跡を残さずに窒化チタンなどの金属膜を付けるイオンプレーティング技術を確立し、現在、パチンコ玉やスロットルのコインの表面処理について、国内シェアナンバーワン(90%)を誇ります。

[ 企業情報 ]

〒916-0016 鯖江市神中町2-6-8
TEL:0778-52-8647
FAX:0778-51-4136
E-mail:kurizuka@eyetec.co.jp
URL:https://www.eyetec.co.jp

代表者    代表取締役社長 黒田 優
連絡担当者 表面処理事業部 営業部部長 栗塚 明彦
創業 1932年11月
設立 1948年
資本金 9,500万円
従業員数 200名
売上高 33億1,500万円
主要取引先 ㈱シャルマン、㈱メガネトップ、㈱ナカニシビジョン、日本シャフト㈱、藤倉ゴム工業㈱ 他
事業内容 表面処理業およびメガネ枠の企画・販売(貴金属めっき(メガネ枠)・プラチナめっき(電極・メガネ枠))・電着塗装、溶接塗装(メガネ枠、家電品筐体)・イオンプレーティング(メガネ枠・スポーツ用品など))

経営者から一言

当社は昭和23年に、眼鏡フレームの産地である福井県鯖江市で創業しました。表面処理加工メーカーとして眼鏡業界と共に成長し、装飾面だけではなく、機能面でも優れた表面処理技術の開発に取り組み、家電製品やスポーツ用品をはじめとした眼鏡業界以外の分野にも積極的に進出し、実績を積んで参りました。今後も、様々な分野でのめっき加工にご奉仕します。