[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は、顧客のニーズに基づいた材料技術、製造プロセス技術、信頼性評価技術の最適な組み合わせにより、顧客の満足と信頼を獲得しています。
 例えば、ハイブリッドカー用絶縁材料である「多層ラミネート材料」は異なる機能を有する高分子材料を接着剤で多層構造のシートにしたものですが、重合などの材料技術を活かした接着剤を用い、工程では独自の専用ラインを立ち上げた製造プロセス技術により高品質の加工品を生産。さらに実車走行を想定した独自の信頼性評価技術を持って、プラスαの機能要求に応えています。
 また、金属基板は回路パターンを形成するための銅箔と放熱板であるアルミ板を絶縁層で接着させています。絶縁層に求められる主な性能には、接着性のほか、放熱性と絶縁信頼性があります。
 当社では、その性能の発現のため、有機樹脂の中への放熱性充填剤の高密度充填・分散、厚膜・薄膜の塗工、絶縁性を高める真空プレス成形などのプロセス技術を活かして製品づくりを行っており、高い信頼を得ています。

複合電気絶縁材料

独自の信頼性評価法と専用ラインを確立し、顧客の信頼を獲得

 将来的に有望視されている低公害、低燃費を実現し得るハイブリッドカーには、心臓部であるエンジンに代わる駆動モータと特殊な発電機が搭載されており、その性能を発揮するために高機能な電気絶縁材料が用いられています。
 当社は、ハイブリッドカー用の絶縁材料として、スロット、ウエッジ材用多層ラミネート材、コイル固着用絶縁ワニスなどを1997年から販売し、世界シェアナンバーワンを誇っています。また、インバーターに用いられる放熱金属基板も製造しています。

高放熱回路基板材料(金属基板)

高信頼の「絶縁層」を成形するプロセス技術で省エネ部品に貢献

 近年の電子機器のめざましい小型化・高性能化における課題に「熱対策」があります。より放熱性の高いプリント配線板が求められたことにより、金属基板が広く用いられるようになってきました。
 省エネの代名詞となっているエアコンのインバータ化においても、金属基板がインテリジェント・パワー・モジュール(IPM)基板として多く使用されており、当社の金属基板が主要メーカーのエアコンに採用されています。さらに、今後は自動車搭載部品の電子化に伴い、金属基板のシェア拡大を図っていきます。

[ 企業情報 ]

〒910-0381 坂井市丸岡町舟寄110-1-1
TEL:0776-66-1360
FAX:0776-67-2250
URL:http://www.nittoshinko.co.jp/

代表者    代表取締役社長 相澤 泰之
連絡担当者  営業統括部 カスタマーサポートセンターテクニカルサポートグループ 青木 友孝
設立 1997年10月
資本金 4億8,250万円
従業員数 350名(2018年3月)
売上高 131億7,700万円
主要取引先 日東電工㈱ 他
事業内容 各種電気絶縁材料の製造、販売(多層ラミネート材・粘着テープ・積層板・回路基板材料・接着シート)

経営者から一言

当社は、長年培ってきた「絶縁」技術をベースに、「絶縁×X(エックス)」をカタチにします。「環境」「放熱」などの「X(エックス):機能」を組み込んだ製品群でお客様にお応えしていきます。
また、「グローバルニッチトップ戦略」を掲げ、①成長が期待される市場か②その市場にニッチ分野はあるか③差別化につながる技術・能力・情報があるか、この3つがあると判断出来れば経営資源を集中させます。