[ 当社のオンリーワン技術 ]

 色や柄をパイプの表面に印刷できる「プリントパイプ」は、スチールパイプに樹脂を被覆し、国内で初めて表面全面に特殊印刷をした画期的な特許商品です。
 開発において、プリントする際にプリント柄同士の重なりができてしまうことや、プリント版がゴム製のため夏と冬で硬度が変わってしまい、うまくプリントができないなどの問題がありました。原料から製品になるまでの一貫生産を行ってきた強みと技術の蓄積によりこれらを克服し、製品化にこぎつけました。

プリントパイプ

スチールパイプに樹脂を被覆。表面全面への特殊印刷技術に特徴

 のぼり旗や園芸用の支柱などに使われるコーティングパイプ。従来のものは、ほとんどが単色で無味乾燥になりがちでしたが、当社は、お客様のお望みの色柄(パターン)をパイプ曲面の全面に印刷できる「プリントパイプ」を開発しました。
 消費者の視覚に強く訴求し、付加価値を高めるこの「プリントパイプ」は、プリント表面がキズに強く、剥がれにくい特長から、木目やローレット(ギザギザ)を中心に、カーテンレールとして使われ、国内シェアナンバーワン(30%)を 誇っています。


[ 企業情報 ]

〒919-0412 坂井市春江町江留中37-10
TEL:0776-51-5551
FAX:0776-51-5553
E-mail:daimroom@daim-corp.jp
URL:http://www.daim-corp.jp

代表者    代表取締役 小林 秀夫
連絡担当者  開発室 高嶋 良
設立 1965年7月
資本金 4,500万円
従業員数 100名
売上高 44億4,000万円
主要取引先 トーソー㈱、㈱テラモト、アズマ工業㈱、三光商事㈱ 他
事業内容 園芸用支柱、PR用品などパイプの製造、販売

経営者から一言

プリントパイプの中でも、木目パイプは森林伐採制限による木材の代替として特に中国など海外で高く評価されてきています。国内向けのみならず、海外向けとしても問い合わせをお待ちしています。